おじさん

スティパ・カプロニを作ります。


これは風立ちぬでおなじみの「ジャンニ・カプローニ伯爵」のカプロニ社で作られた実験機で
中空の樽型の胴体の中に、プロペラとエンジンを完全に取り込んだ形状をした、胴体自体がまさに
現代のジェットエンジンの原型となったダクテッドファンになっているという凄い機体なのですが、
当時イタリア王立空軍はスティパ・カプロニの開発に興味を示さなかったという大変もったいない機体なのです。





b0189209_10355232.jpg

そんなことで、まず胴体から。

今回は筒状にしなければならないので、ケントボードでなく、厚いアイボリーケントを短冊状に切り、それを丸め、重ねて厚みを出します。




b0189209_1036123.jpg

接着し、その後乾いたらいつものように形を出すため削っていきます。

ふちの部分は下手に削らないよう注意します。




b0189209_10354070.jpg

胴体がある程度削れたら、今度は翼をケントボードから切り出します。



b0189209_103654.jpg

そして翼・胴体の荒削り後サンドペーパーで表面をならし、胴体上部にケントボードから切り出したコックピットを接着し、翼には新聞を貼り、その後胴体に接着します。





b0189209_10345994.jpg

機体全体に新聞を貼りつつ、垂直水平尾翼をアイボリーケントから切り出し、新聞を貼ってから胴体に接着します。







b0189209_10361332.jpg

胴体下部には固定脚を、細く棒状にした新聞を接着します。

それと早々に虫ピンも刺しておきます。




b0189209_10352796.jpg

そして胴体内部のエンジンは、エンジン本体はケントボードから切り出し、形を整え新聞を貼り、棒状にした新聞で内部に固定します、その際棒は瞬間接着剤でガチガチに固めます。




b0189209_10361619.jpg

プロペラ・固定脚にタイヤも接着。




b0189209_10353583.jpg

最後にコックピット、そして翼や尾翼の固定用ワイヤーを新聞を瞬間接着剤で固めたものを細く切り、なるだけピンと伸ばして接着していきました。


細い糸状の紙の作業はそりゃもうめんどくさいったらありゃしない、が、これだけで見栄えが変わります。
[PR]
by azirusi3 | 2013-08-30 18:25 | 標本シリーズ

Atsushi Adachi, work and portfolio


by azirusi3

プロフィールを見る
画像一覧

WEB Facebook

カテゴリ

全体
展示
ポートフォリオ
物語~YAMATO~
BIG BOY
deuy chevaux 2cv
LINK~氷川丸~
記憶~KAITEN~
記憶~ZERO~
Bugatti T35
桜花-OUKA-
記憶~SHINDEN~
NY Exhibition Work
小作品
REISEN
フカキソコニ
標本シリーズ
キオクノユメ
T-シリーズ
燈-AKARI-
ライフワーク
動物宇宙服
未分類

以前の記事

2017年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

画像一覧