<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

過ぎた時間と内容量

b0189209_22384584.jpg
4年間、大体同じような課題を繰り返し繰り返し過こなし、すごしてきました
そりゃもう朝から晩まで

しかし、その3年間(今年入れて4年)に過ごした時間、やったこと、その内容、充実度
それがどれくらい、100点満点で計算したらいったい何点くらいか?
そして・・・・・・・・・・・

合格内容量を100点とし、今自分はどうなのか・・・・・・・


2年前くらいまでは大きな変化だらけでした
去年はちょっとした変化ばボチボチ、でも前年より全然少ないです
今年、もう7月になりますが、変化は一応ありますが・・・・・・・

今日思ったのですが

同じような『変化』を繰り返してるような気がしました

率直に言えば、「2年前からあまり進歩してない

そんな気が帰りの電車で色々考えていると考えたくないのに出てきました

何故、色々考えていたのかというと
『万年浪人』や『浪人病』や『危機感零』など、ボコボコに言われ、
少々欝になりながらも自分を見つめようと考えていたのですが、
当然、自分では『危機感』はもう発狂するぐらいあります
なんってたって4☆ですから
『浪人病』も自覚している、ある程度描けるようになってから、
『描き込んでる』のに『簡単に見える』という状況が目立つので、なんとか改善しようとしている

『万年浪人』は・・・・・・・・・・・・

正直・・・・・・・・

どんな言葉より痛かった

「結局俺はこのていどか?」
「どんながんばっても俺には無理なのか?」
「所詮行けても造〇彫なのか?」

ネガティブシンキン

ごっそり精神削られましたね

笑顔で『万年浪人だな☆』と、・・・・・・・一応笑って返しましたが
全く笑えません
てかそんなこと素で言うならもう一思いに殺って下さい
じゃなきゃ割腹します

そんなことを思ってるが、思うだけにし、打開策をなんとしても探さなければならない

現実から目を背けてはならない

何かを吹っ切らなければ・・・・・・・・

行動しなければ・・・・・・・・

・・・・・・・甘かった、今までの自分・・・・・・・弱かった・・・・・・

限界などは無い!

根性!

根性出せ!
根性!

俺は本物になる!




●モーゼ計画再起動

アトリエについにモーゼ上半身が到着
そして装着
とりあえず全体像は見えてきましたが、本物と比べて形が全然違います
今後はどうなるやら・・・・・・・・

b0189209_23101821.jpg


(お腹痛い人かチ〇コかいてる人に見える)
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-29 23:17 | Comments(0)

物申す

ある美術関係者のブログに予備校生のことについて書かれていた
その内容は、浪人生の『授業を休む』ことについてである(『サボリ』とも言うが)

その人は

「どんな理由でも一日休んだら浪人年数が一年加算される」

と、受験のころ言われたらしいです
それと、その方の見解として

「受験していた頃は、いくらやっても時間が足りないと感じましたし、
必ず日本のどこかに凄腕が居るだろうと思っていたから、
一日たりとも休む余裕はなかった。」

たしかに僕も時間たりません
絵意外にも学科3教科、しかも過去真面目にやってなかったせいで全然意味が分からないことだらけ
学科をやりたいが絵をおろそかにできない、でも絵のために学科をおろそかにできない
で、悩んでるうちに時間が過ぎていく。

もちろん、絵のことで言えば自分以上に凄い奴なんぞ何百人もいるはずです

もちろん、この見解は正しいと思います

しかし、毎日朝早く来て休まず遅刻せず行って描いて帰る、このパターンをすることに満足を覚えてしまうのは
少々いかがなものか(もちろん、描いてる内容などが充実していれば問題は無いと思います)

しかし、人間そんな上手く作られていません

実際アトリエの方々を見て、大半の人がその『パターン』に充実感を覚えてしまっているように見えます

それで結果が出てるなら正しいでしょう
しかし、結果は「0」

色々問題点は他にもあるのだとは思いますが、根本的にはそこにあると思います
実際去年、自分がそんな感じでした。

そんなことになるんだったら『ケジメ』をつけ、やるときはやる!やらないときはやらない!と
しっかり管理して自分の行動を管理すればいいと思います

だが、予備校側としては

『ここに来てるなら、講師の言うことを聞いて、ここの課題をこなせ、
講師が出した課題をこなさないなら来るな、自分勝手に一人でやってろ』

と、なってしまします
これも正論だとおもいます。
そこの講師が『合格』させるために課題を出し、アドバイスを出すのだから
これが不満なら行かなければいいことになります。

どっちも正しいと思いますが、『どっちが正論か』を決めるのは結局「結果」が全てです

落ちればあっち、受かればこっちの意見が正しくなります

まあなんとも悲しい世界だと思います



僕自身の『休む』に対する意見は
前の記事にも書きましたが、新たに付け加えると
さすがに4年も同じことを毎日休まずやってるとマンネリ化し、新鮮さがなくなります
そうなると

「ハイハイ、こう描きゃいいんでしょ」

と、4年目的な小手先制作になる
他にも方法があるかもしれませんが、それを避けるには手っ取り早いと思います

あと、自分を追い込むことも必要だと思います
休んでることにより、「講師」に色々言われたり、「他の学生」が上手くなっていたり、
そうなると嫌でも『危機感』が発生ます
そうすると集中力など色々上がります

予備校にちゃんと行くのも良い事ですが、それにより、変に(悪い意味で)「自信」がついてしまい
下手なのに「こんだけ来てるんだから上手いにきまってる!」なんて幻想に取り付かれる方が恐ろしいです
(去年、そんな感じになってましまいましたし、この考えは多分全員思っているのではないか・・・・・・・)

これが僕の見解ですが・・・・・・・・
意見といえば意見ですが・・・・・・・・『言い訳』とも言うことができます。

これが結果的に『言い訳野郎』か『自分のやり方で合格した野郎』になるかは・・・・・・・
来年3月13日に分かります

どうなるかな?
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-28 16:23 | Comments(0)

休息

b0189209_22342456.jpg
先週の合同授業から何かに気がついたのか今まで悩んでいた問題がスラスラと解決していった
自分にとっては、本当にためになったんだと改めて実感している

普段の数十倍の集中力を発揮し短期間に様々な問題が解決した
しかし、代償として身体・精神的に少々負担がかかったせいか、力つきた

本来ならこのまま無理をしても続けるところだが、

今週は一旦休息することにした

過去3年間を見ても、無理にこのまま続けても見方が単純・他の事が見えなくなり
逆にマイナス要素が出てくる

ただし、無駄にただダラダラと休むんでは何の意味も無い
それなら描き続ける方がマシだ

僕はケジメをつける、普段の授業もそうだ
授業中は私語厳禁・絵のことだけ、今まで言われたことを頭の中で考えてる
休み時間はじっくり休む、一瞬でもいいから今まで描いていた絵を忘れて寝るなり・会話をするなりする
そうして授業が始めると新鮮な目線・今まで見えなかったとこまで客観視ができるようになる

」という登山の本にいい言葉がある

「野獣は戦う時も全力なら休む時も安全な場所を求め、全力で休息をとる。」

という言葉だが
僕はその通りだと思った

これを簡単に言うと「ケジメ・メリハリ・切り替え」など

たしかに、疲れてても続ければそれはそれで何か見えるかもしれない
しかし疲労が蓄積され頭の回転が鈍くなる
そうなるとその後の進みが遅くなるし、モチーフに対する新鮮さも失われていく

しかし、ケジメを付け、休息できるタイミングがある時に十分休息し
時が来たら前回のとこから始める

そのまま続けるよりも体力・精神面の消耗も少なく
何より前回の知識がある中、モチーフに対して新鮮な感覚で望むことが可能になる
それにより、前回以上のレベルアップが可能となる

と、いうことで
今週は全く関係ないことをしていた。
非常に「スッキリ」したので休息は成功したと思う
絵も描きたくなってきた
来週から、また更なる飛躍が期待できる




今週、マイケル・ジャクソン死去

TV見てる時にニュース速報が入り「マイケル・ジャクソン死亡」

ちょいビックリしましたね、けど・まあ
あの異常な「整形」具合じゃあ

「そりゃ死ぬわな」

と思いました
実際、死因はまだ分かってないらしいが
やはり異常なまでの整形手術と、後遺症のためのクスリが原因かもしれないらしいです

多分、マイケル・ジャクソンの「死」は
マリリン・モンロウやエルビス・プレスリーの死去の時と同じくらいの衝撃かもしれない

でも、僕は特にファンでも何でも無いので「ふ~ん」て感じです

あと、意外な話、自分、マイケル・ジャクソンのライブに『行ったこと』があるらしい
『いつ』行ったかは・・・・・・・・・・・



国立西洋美術館世界遺産登録見送り」

・・・・・・・・・・
ありゃ~
まあ、最近世界遺産登録が多すぎたから委員会が少々登録を抑えてるらしいし
次回がありますよ、次回

・・・・・・西洋美術館でやってる「ル・コルビュジエと西洋美術館」を見に行かなければ・・・・・・・
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-27 21:40 | Comments(0)

目の保養

b0189209_02511.jpg
最近面白いHP(カレンダー)を見つけた

美女暦

という
毎日平日「美女」を更新している

・・・・・・・・・「美女」の基準は知らんが(製作者の好みだと思うが)

でも、まあ、けっこう可愛い子がいると思います(←何様だこいつ)

個人的には6月3日がツボりました



今年は見たいと思う映画が多いです

・真夏のオリオン
・スタートレック
・ターミネーター4
・トランスフォーマー・リベンジ
・エヴァンゲリオン破
・劇場版マクロスF虚空歌姫
・新宇宙戦艦ヤマト復活篇

などなど、他にも小さい映画館でしかやってないマニアック映画なども多数アリ

・・・・・・・・・お金無いな・・・・・・・・

ゲバラのDVDもほしい、28歳の方だけ(39歳の方はあまりよくない)



最近予備校の講師の遅刻が多い
生徒に「気がたるんでる」というくせに自分らがこんなでどうなのか
遅刻しても謝りもしない、常識も欠けている
こういう講師は来ても目障りなので、是非「クビ」にした方がいいと思う
「やる気のある受験生」にとっては邪魔でしかたがない
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-25 23:50 | Comments(0)

骨董品

b0189209_0262112.jpg
最近祖父が昔使っていた蛇腹式カメラを借りた
若い時のだから役60年前
戦後間もない時期のカメラで「Olympus Six」という
桐のタンスにしまっていたおかげで保存状態は略完璧
60年前の物とはとても思えないほど綺麗でした
このカメラ、当時としてはとても高価な物で
当時大卒初任給1万の時代に2万以上したらしい
詳しくは知らないが、やはり「かっこつけ」のために(無理して)買ったらしい
で、
今日は、そのカメラが(一応)ちゃんと使えるか試し撮りをしに地元をブラブラとしてました
ちなみにもう一つ
二眼レフの方もちゃんと使えるかわからないので撮りました
久々に「フィルムカメラ」を使っていて思ったのですが・・・・・・
ヤベ・・・・・カッコイイ
クラシックカメラで写真撮ってる自分カッコイイ!?も少々ありましたが、何よりカメラの動作
距離を測り、絞りを設定して、シャッタースピードを決め、シャッターを回して・・・・・シャッターをきる・・・・・・・
新しいカメラと違ってシャッターをきる音は非常に静かですが

本当の写真を撮っている

という気分になって・・・・・・正直気持ちよかったです
(二眼も同様)
とりあえず撮りきり、近々現像に出すので、焼き上がりが楽しみです(ちゃんと取れたか心配だが)



64年前の今日、20万人以上の人が沖縄で犠牲になった
TVで沖縄全戦没者追悼式の中継を見て思ったが、日本の戦争は64年たった今でも終わっていないと思った
なぜなら沖縄だけでなく戦時中大規模な空襲にあった地域は今でも不発弾などが見つかっている
原爆の落とされた広島・長崎などで放射能を浴びた人の原爆症
戦地の地獄以上の環境での記憶
大切な人を亡くした傷
など、殺し合いはもうしてはいないが、まだ事実上終わっていないと思う
歴史上だと、高度経済成長期(3丁目の夕日の時代)にはもう「戦後ではない」と言われていたが
僕は「戦後」などないのではないかと思う
その時代に生きた人々の一人ひとりの心の中に絶対消えることの無い「爪跡」が深く切り刻まれている
多分、その人が「死」を迎える時、初めて「終わる」のではないか
去年無くなった父方の祖父も元海軍の特攻隊員で「回天」の搭乗訓練を受けていた
出撃前に終戦を迎えたおかげで生きて生涯を全うすることができたが
多くの自分と歳が近い人たちが大人の始めた戦争に巻き込まれ、散っていった。

回天の搭乗員を主人公とした映画で、「出口の無い海」という割かし最近の映画があるが
最近の映画なので、少しは見やすいと思うのでオススメする
隊員の心の中、初めなんともなかったのに時が進むにつれて時代に翻弄される心
正直現代、平和(かどうかは正直分からないが)な時代に生まれた自分には当然理解できない心境だが
分からなくても、これを知り、いくらか理解することが必要だと感じる
日本の起した罪・世界が起した罪は二度と消えない、消してはいけない

けど、最近世界はまた同じことを繰り返しそうな方向に進んでるように思うが
もし、自分の生きてる時代に64年前のようなこと・それ以上なことがおこったらどうなるか
想像は出来ないが・・・・・・・・
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-23 23:58 | Comments(0)

終了

b0189209_2339757.jpg
近所の予備校との合同授業は無事完結
二日目は少々人数が減ったものの、近所の予備校の方はアウェーにもかかわらずけっこう落ち着いていました。
しかし、モチーフにはとまどってました

その戸惑い具合が見てて面白かった、うん
正直、こちらもあちらに行った時、教室に入っていきなり目に入ったのが
長ネギ
これは本当に2年前一次試験再来的な感じだし、油科のAV大好きYちんが
「ネギネギネギネギネギー!」
などと叫んでたりと「戸惑い」というか「発狂」しました

でも・・・・・・まあ

完全に受験のことしか考えていない予備校がいきなり変な物で構成されたモチーフを描けと言う方が少々無理があったと思います(でも描る人は描けてた)
普通、チェンソーとか作るのに失敗したフラスコ
なんぞ描きませんよ、普通(てか、予備校にそんな物ありません)
他にもKY予備校にはモチーフと言う名の「ガラクタ・ゴミ」が山ほどありますね
(世間から見たらどんな風に見えるんだか)


合同授業後日、近所の予備校講師からメールで生徒の生の感想メールが転送されてきました

内容は・・・・・・・・・意外にもいい感想でした
簡単に紹介すると


「初めてデッサンが楽しいと感じた」

「俺を初めてここまで熱くさせた、充実した2つ日間だった」

「二日目来なかった人はもったいない」


など、正直馬鹿にされてんじゃないかと思ってたんで驚きました
個人的にも充実した四日間になりました
最終的な結果は4年目なりの結果も残せたし(もしかしたら、初めての結果・・・・・・?!)
今後も色彩や立体も授業でやるらしいので楽しみです
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-21 23:38 | Comments(0)

東急東横戦線異状なし

b0189209_21572518.jpg
17・18と近所の予備校でアウェー戦をしてきました
率直な感想を申しますと
ネコが可愛かった
その予備校には昔からネコを飼っているらしい
すごく人懐っこく、なんとも可愛い声で鳴いてくる
動物はやっぱりいい、心が安らぐ・・・・・・・・・・(

当KY予備校にも去年「鶏」がいました
今現在はいません、皆で美味しく食べたからです
現在はアトリエ社長宅で肉が締まるよう放し飼いされています
多分、食われることは無いでしょう。(どうも愛着が湧いたらしい)

ちなみに、肝心の合同授業の結果は
「描くだけなら犬でもできる!」
と、いう感じで
「なんだか知らぬがとにかくよし!」でした

まあ

明日からホーム戦なので・・・・・明日は

胸すわって進むなり
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-18 22:21 | Comments(0)

普通?

b0189209_22572430.jpg
前々から思っているのだが
アトリエの掃除を(生徒)がほとんど・誰もしてくれない
まあ、自分の作業した場所ぐらいはしてくれるが、最悪、それすらしない人もいる
何かの本に「良い作品は美しい環境から」と、描いてあった
僕もそう思う(特に今年)
なぜなら気がついたら必ず掃除することを心がけはじめてから単純に
「絵が上手く・感覚も良くなってきた」
あと、掃除をあまりしない人は変化(成長)があまり見られない(自分が気にしてるかぎりは)
・・・・・・どっちにしろただでさえ狭い建物の中でぎゅうぎゅうでやってるのに
その建物の内部が汚いのは気分悪いじゃないですか
誰かが掃除しなければならないのですが・・・・・・・・
なんででしょうか、我が予備校、生徒数11人・そのうち女子8人
一人くらい掃除してくれる子がいてもいいのですが・・・・・・
なんでですかね?
まあ、真昼間から「チ〇コチ〇コ」お下品なお言葉や、会話が飛び交いますからしかたないのでしょうか?
アトリエ主任のチェ・N氏も
「賢い高校は壁やノートに落書きが無く綺麗だが、馬鹿な高校は汚い」と
正直共感してしまうようなことを言ってます
もしかしたら汚い方が落ち着くひともいるのかもしれないが、正直僕はです
別に綺麗好きでは無いですがです。



明日から近所の予備校で「アウェー戦」です
正直デッサンがどうとかよりも
うちの予備校のぶっ飛んじゃってて奇声を発する人があっちの方々にどんな反応をされるのか楽しみです
予想だと、無言で嫌な顔をされると思います☆


ちなみに写真は、東海道線のとある駅の待合室にあった(はず)の物
こりないな~と思いつつ撮影。
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-16 23:09 | Comments(0)

作る快感・完成する喜び

b0189209_22211338.jpg
今日は久々に「ヌードクロッキー」をしに、日曜なのに一路アトリヘへ行く
最近人物クロッキー・デッサンが楽しく、美術解剖学の本を買って
簡単ながら勉強してしまったりしている
当たり前のことだが、人体の内部構造を知ってるか知らないかでは圧倒的に違う
今までは、ただモデルの稜線を追うだけだったが
簡単でも勉強じてからは、モデル・人体の構造を追上手くいくわけではなく
無意識のうちに自分の「好き嫌い」がでてしまっている。
そこらはもう「感覚」を自分で意識してコントロールできるようにしなければいけない

久々に模型を買った、別に今すぐ作るわけではないが「とにかく」買いました
買ったのは「VF-25S アーマード・メサイアバルキリー
アニメ「マクロスフロンティア」に出てくる可変戦闘機(Variable Fighter)で
主人公が所属する民間軍事プロバイダー・SMSに所属するスカル小隊隊長機
値段はヨドバシ価額で5880円なり
金も無いのに誘惑に負けて買ってしまうこの精神の弱さ
これが落ちる原因の一つかもしれません
しかし、このお値段で・1/72サイズで「完全変形」ですよ
作るのに素組(色を塗ったり色々改造せずに作ること)でも3時間以上かかるんですよ!
パーツ数は軽く200は超えるんですよ!!
いや~、たまりませんね~
だから模型はやめられません、この作り応えがたまらないのです
多分、普通の人は「元々できたの買えばいいじゃん」て思うのかもしれませんが
この「苦労して・何時間もかけて」作るという作業が大切なんですよ
そして、完成した時の達成感、そして喜び・・・・・・・・
富士登山と一緒ですね
辛くてもう嫌だと思いながらも頂上に到着し、ご来光を見たときの
「あぁ・・・・・」
という何とも言えない気持ち、それと同じです
もしかしたら「中毒性」があるのかもしれないですね(シンナーの)
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-14 22:10 | Comments(0)

光のダンディズム

b0189209_23334313.jpg
横浜のそごう美術館に「レオナール藤田展」を見に行った
僕は、この人の絵画作品も、もちろん好きだが
しょうじき
それよりも「ポートレイト」だ!
この写真が、個人的にものっ・・・・・・・・・・・・・・・っすごく好きです
こんな変な大人になりたいです
初めて藤田嗣治のポートレイトを見たのが高1の時に見た「中山岩太」の写真集で
「うぉっ!なんだこの変なオッサン!超カッケェェェ!」
と、衝撃的な出会いだった
他の写真も好きだったが、藤田嗣治のイメージがあまりにも強かったため
最初は「中山岩太」の外見が「藤田嗣治」になってしまっていた。
(後々調べたら、ちゃんとした「中山岩太」が出てきたが、そっちの方もやっぱりカッコ良かった・・・・・・この時代の人はなんかカッコイイ、俺もこの時代に生まれたかった。)

「フジタ展」だが、全体を見て思ったのが
色を入れる前の「線描・下絵」の状態の方が完成したのより全然カッコイイと感じた
色々と色をつかってるやつは特にそう感じ、なんだか「イラスト」のように見えてきてくる
初期の墨で書いた線と白い色で書いた作品は綺麗で好きだ
だが、それに色をのっけると、イラストになる
予備校講師みたいだが、「色、のっけすぎて途中の良さ無くなってるよ」と、いう感じに恐れ多く「巨匠」に心の中でコメントしたりしている
個人的に今回一番見入ったのは宗教画・キリストの絵で
下書きの状態のが展示されていて、それの線がカッコ良かった
それと同時に、また色々と自分に足りなく、気づかなかったことに色々と気づいた
収穫があって非常にためになる展覧会であった。

最近頻繁に美術館に行くが、「学生証」が無いのはつらい
学生料金(一応大学生として入れる)だと200~500円安くなる
それを毎度払って入ってるが・・・・・・・お財布に痛い
ていうか、6月なのに学生証が無い予備校とはいったいどんなとこだ
経営者の面が見てみたいわ!



来週から近所の元多数芸大合格者を出していた予備校と共同授業があります
そこの予備校からは
今年
一人だけ
芸デ合格者が出ています
・・・・・・・・・
講師の方々は「仲良くやろう」的なことをおっしゃってますが
・・・・・・・・・
自分は捻くれ物で嫌な奴なので・・・・・・・



潰します
(色々と)

当方ニ迎撃ノ用意アリ
[PR]
by azirusi3 | 2009-06-12 22:53 | Comments(0)

Atsushi Adachi, work and portfolio


by azirusi3

プロフィールを見る
画像一覧

WEB Facebook

カテゴリ

全体
展示
ポートフォリオ
物語~YAMATO~
BIG BOY
deuy chevaux 2cv
LINK~氷川丸~
記憶~KAITEN~
記憶~ZERO~
Bugatti T35
桜花-OUKA-
記憶~SHINDEN~
NY Exhibition Work
小作品
REISEN
フカキソコニ
標本シリーズ
キオクノユメ
T-シリーズ
燈-AKARI-
ライフワーク
動物宇宙服
未分類

以前の記事

2017年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

画像一覧